格安オンライン英会話のパイオニア「レアジョブ」

「日本人は、学校で英語を学びますが、なかなか英会話が上達しない」と言われています。

英語の本はある程度読めるけど会話はほとんどできない・・・

こんな日本人が多いのは、やはり日本の中に住んでいると英語を使う機会が少ないからでしょう。

レアジョブが創業始めたのは、2007年ですので、かれこれ12年前くらいですね。

当時は、オンライン英会話と言えばグループレッスンが主流で、ワンオンワンレッスンを受けるとなると料金もかなり高くなるような頃です。

そんな時にレアジョブが無料通話アプリのSkypeを用いて、低額の英会話、ワンオンワンレッスンのサービスを提供し始めたのは正に画期的な事でした。

そんな意味では、レアジョブはワンオンワンレッスンを低額で提供するオンライン英会話としてはパイオニアだったんだと思います。

昨今では、レアジョブのビジネスの成功を見た沢山の企業がこのジャンルに参入してきていています。

通常、後発組の方が、より良いサービスやシステムを採用している場合が多く、必然的に、パイオニアであるレアジョブもサービスやシステムの改善を迫られてドンドンと進化してきたように見えます。