スマホの月々の料金を安くしたいと思ったら…

a3f82b0c1cde5b0bf0016affed234ab7_s

最近はスマートフォン、タブレット端末をお使いの方、多いですよね。
パソコンがなくても手軽に調べ物ができたり、買い物をしたり食事や旅行の予約が取れたり、アプリでいろんなお店のポイントを貯められたり、LINEで手軽に会話を楽しむことができたり…。
便利ですよね。
でも、月々の料金を考えると…。
うーん…。
と購入を考えてしまう方も多いことと思います。
今現在使っている方でも、月々の何千円という支払いに『…?!』と頭をかかえてしまう方も少なからずいるはずです。

今日はそんな不満を少しでもお持ちの方の節約のヒントになるかも(?)しれないお話をしようと思います。
筆者である私が実際にどのように運用しているかという一つの例ですので、『こんなことをしている人もいるんだぁ。』ぐらいにお読みいただいて、何かの参考にしてもらえればと思います。

モバイルWi-Fiをフル活用

まず、私は約10年間auを使っています。
スマホ歴は約3年半です。
使い方は通話はほぼ無し、インターネット通信がほとんどです。

今使っているスマートフォンは、昨年12月にauで購入しました。
その時期は新料金プラン(現行プラン「カケホーダイ&パケあえる」)に変更しなければ「月々サポート」の割引を受けられないという制度が適用された後でした。
月々かかる金額を比べてみて、私の場合は旧料金プランのままの方が機種購入代金をプラスして考えても安くなると思ったので、auの旧プランのままで機種変更することにしました。
(パケ・ホーダイは解約しました。)
auの旧プランですと、基本料金が743円+SPモード300円+端末分割代金3,010円で維持できます。
(実際には、オプションをいくつか付けているので+1,000円ぐらいですね。)

通話は楽天でんわを契約しています。(30秒10円)

インターネット通信は、SPモードを残してあるためLTE・3Gはつながります。
ただパケ・ホーダイが無いので無限に高くなります!!!
そこで登場するのがWi-Fiです。

私は自宅では3人で住んでいてNTTフレッツ光を契約していますので、その電波をWi-Fi(無線LAN)で飛ばして使っています。
家にはパソコン、プリンタ、スマートフォン、タブレットなどあらゆるものを一度にインターネットにつなげることができるのでとっても便利です。
(Wi-Fiに対応しているテレビ、レコーダーなども持っているともっと用途が広がるかもしれませんね。)

では外出の時は?

ここでモバイルWi-Fiの出番です。

モバイルWi-Fiとは、持ち運びができるインターネットの電波を飛ばすための端末です。
中にSIMカードがセットされているので、まずモバイルWi-FiがLTE・3Gの電波をキャッチします。
そのモバイルWi-Fiが飛ばす電波を使ってスマートフォンでインターネット通信をします。

●ごく一般的なスマホのインターネット通信
 LTE・3G → スマートフォン
●ポケットWi-Fiを使ったスマホのインターネット通信
 LTE・3G → モバイルWi-Fi → スマートフォン

このように1回モバイルWi-Fiを経由させるわけです。
ちょっと面倒だと思われるかもしれませんね。
でも、実はお得なんです。

モバイルWi-Fiを使うメリット

普通、スマートフォン、タブレットなどを使うには1台に1枚ずつSIMカードが必要になります。
ということは、枚数分の契約が必要になるということです。
モバイルWi-Fiなら1個の端末、1枚のSIMカードで、10台前後のスマホなどのインターネットの接続が同時にできます。
(モバイルWi-Fiの機種によって違いがあります。)

特に旅行の時などは同じお部屋の人同士で1台のモバイルWi-Fiを共有できるので便利です。
最近は宿泊施設によっては各部屋にWi-Fiを完備しているところもありますが、それが無い場合…。

例として…。

私の場合は、私がパソコン1台、スマートフォン1台、母がタブレット1台を持っていきます。
モバイルWi-Fiを1個お部屋に置いておくだけで、3台のモバイル機器がインターネット接続できてしまいます。
母も私も日常的にインターネットを使っているので、それが外出先でもさらっとできてしまうのでとっても便利です。

このように旅行で使う場合、注意したいことがあります。
それは旅行先が対応エリアに入っているかということです。
私が以前困った例は、Wi-Fiの電波が全く入らずお手上げ状態だったことがありました。
(おまけに自宅も圏外でした…。)
でも、もう何年も前の話です。
最近ではWiMAXなど繋がりやすいWi-Fiも登場しているので、旅行先でも安心になってきました。

WiMAXの端末は新しい機種の方が通信速度は速いと思います。
でもその分、端末代が高くなるかと思います。
私の場合は220Mbps対応のモバイルルーター端末を購入しました。
モバイルWi-Fiは基本0円のところが多いのですが、月々の支払額はプロバイダごとに違います。
WiMAXのキャンペーンを比較しているサイトなどを参考に選ぶのがおすすめです。

ここでちょっと『格安SIM』のお話

モバイルWi-Fiに不可欠なのがSIMカードです。
(初めからSIMがセットされているタイプのものもあります。)
中にセットするSIMは最近話題の格安SIMで良いと思います。
(私が今のSIMを契約した時点では格安SIMというものが出回っていなかったので、そこそこ普通のSIMを使っていますが…。)
最近はたくさんの格安SIMがあってどれを選んだらいいのか比べているうちに訳が分からなくなります。

だいたい1ヶ月あたりの通信量(3GB、5GBなど)で価格が決まっていますが、初めは自分がどの程度の量が必要なのかが分からないものです。
そこで、途中でプランが変更できる格安SIMの通信業者を選んだ方がいいのではないかと思います。
業者によっては変更ができない(変更するには1回解約してから再契約)という場合もありますので。

最低契約期間の縛りが少ないというのも大事です。
最近、大手3社も2年更新を見直すとかいう話もチラホラ出ているようですが、格安SIMも使ってみて初めて不満が出てきたり…、ということも無きにしも非ずです。
他の業者に乗り換えたいと思っても解約金があると余計な出費になり、余計なストレスの元になってしまいます。

SIMカードには、大きさが3タイプあります。
1度契約時に発行してもらうと、大きさを変更するのに手数料がかかってしまいます。
必要な大きさはどのタイプか確認してから購入するようにしてください。

あと、これはちょっと余談ですが、1つの契約でいくらか加算してSIMカードをもう1枚追加で発行してくれるという通信業者もあります。
私は1つの契約でSIMカードを2枚発行してもらい、1枚は遠方に住んでいる妹に渡してシェアして使っています。
妹はあまりインターネットをヘビーに使う方ではないので、これで十分間に合っています。

こんな使い方もできます

例えばご夫婦など少人数でお住まいの方は、1つの格安SIMの契約で全てのインターネット環境をまかなってみる、ということも不可能ではありません。
2人家族でしたらSIMカードを2枚発行してもらい、シェアして使います。
それぞれ1台ずつモバイルWi-Fi端末を用意する必要がありますが…。
(私の希望としては、1台は自宅用としても使うのでちょっと奮発して速度の出るものを買ってほしいです。)
今使っているスマートフォンが旧プランなら、パケット通信を解約して通話のみの契約にして、通信は専らモバイルWi-Fiを使います。
(例えばauの場合、SPモードを解除するとau独自のサイトやアドレスが使えなくなりますので、必要であれば残しておいてください。)

思い切ってauなど大手を解約し、音声通話付の格安SIMの契約1つだけで運用するという手もあります。
調べてみると、追加のSIMカードも700円/月ぐらいで音声通話付にしてもらえるところもあるようです。
(音声通話付の格安SIMを使う場合、直接スマートフォンにセットしますのでモバイルWi-Fi端末は必要ありません。)

※注
格安SIMを選ぶ場合、契約する前に使おうと思っているスマートフォン、モバイルWi-Fi端末がが対応している機種かどうか必ず確認してください!
すごく重要です!!

すでに新料金プランで契約していて、高くて悲鳴をあげている方にはあまり参考にならなかったかもしれませんが、模索すれば解決策が見えてくるかもしれません…。

ということで、何かのお役に立てていただけたら嬉しいです。
ここまでお読みいただきどうもありがとうございました。